前立線がんの転移ガード促進!|新たに認可された薬剤で転移阻止!

最新の免疫療法

病院

免疫療法は外科や薬物と放射線治療のサポート的な存在ですが、いずれはがん治療の中心的な存在になりえます。また、免疫療法も研究が進んでいて特殊な医薬品や近赤外線を活用したタイプのものも開発されています。

もっと見る

細胞の色が変化する光検査

2人の女医

食道がんは、発見が困難ながん症状です。気がついたら、既に末期になっているケースも珍しくありません。ですが、最新の検査方法で早期の食道がんを発見しやすくなっています。特殊な光を照射させる内視鏡を利用しての検査となってます。

もっと見る

転移の心配薄れる

車いすの患者

前立線がんは、男性特有のがん症状です。名前の通りで男性器の前立腺に腫瘍が出来てしまうものです。有名な芸能人で前立線がんにかかってしまったことを公表している人もいます。日本の大御所男性芸人や、イギリスの有名ロックバンドのメンバーが相次いで前立線がんにかかってしまったのです。前立線がんは、早期発見の時点で、治療を施せば完治が望めます。まだ、がん細胞が前立腺の内側だけに生じている程度に限るからなのです。ただし、発見が遅れてしまい前立腺の内側から外側にかけてまで進行してしまったら助かる可能性が低くなります。進行が進んでしまうと、現在行なわれている三大がん治療を持ってしてでも、生存率が低いのです。早期発見で素早くがん細胞を摘出するかにかかっています。初期症状は、頻尿や残尿感に排尿困難などが確認出来た時点で前立線がんだと疑ってください。

前立線がんは、厄介な事に他の臓器や骨とリンパ節に転移しやすい症状なのです。早期発見で摘出を舌としても、念入りな検査で他の臓器へ転移していないかどうかを検査する必要があるのです。なので、外科手術などのあとは油断せずにがんと向きあいましょう。ですが、最近になって転移しやすい前立線がんの症状を抑える治療薬が登場しています。どのようなものかと言うと、ゾーフィゴ静注という薬剤です。主に、骨転移してしまった前立線がんを治療するのに長けているものです。数回の投与によって転移したがん細胞に付着してがん細胞の増殖を抑えこむのです。

副作用が少なくて済む

横になる女性

がん治療は、昔から副作用のリスクが高いものでした。ですが、最新の医療技術によって副作用が少ないがん治療方法が確立されてきているのです。免疫療法や陽子線治療が、体にかける負担が少なくて済みます。

もっと見る